ブンチモ配合点眼!?アゾルガのジェネリック:GE。薬価や発売日

2020調剤報酬改定

薬剤師のしぐです。

今回は2021年6月発売のGE:ジェネリック医薬品について。

アゾルガ配合懸濁性点眼液のジェネリック:GEが発売となります!

アゾルガ配合懸濁性点眼液って、なんだか新しいイメージがありましたが、、、おそらく、ブリンゾラミド・チモロールそれぞれの成分で考えるとそんなに新しくないので、ということなんでしょう。

いろいろすったもんだもあったアゾルガ配合懸濁性点眼液

現状ではもう普通に処方されてますからね。

この出荷調整を乗り切って、通常通り処方が再開されてきた最中でのGE発売、、、。

アゾルガ配合懸濁性点眼液。なんだかかわいそう、、、

GE発売も気になりますし、その名称。【ブンチモ配合懸濁性点眼液】

ぶ、ブンチモ!?ブンチモ、、、。

成分名からの名称なんでしょうけど、ブンチモ、、、。

これまでも、配合剤のGEは名称について毎回イマイチ感がありました。

では、今回の内容であるアゾルガ配合懸濁性点眼液のジェネリック:GE承認について、まとめていきます!!

薬剤師の転職ならジョブデポ薬剤師【最大40万円のお祝い金】

アゾルガ配合懸濁性点眼液のGE:サンドの1社のみ

今回のアゾルガ配合懸濁性点眼液のGE承認についての通知がこちら。

アゾルガ点眼液の後発品はサンドの1品目が承認された。

先発品の製造販売元はサンドの親会社のノバルティスファーマ。

サンドの今回の後発品がAGかどうか気になるところだが、サンドは「AGであるかどうかの回答は現時点では差し控える」と述べた。

アゾルガ後発品の製品名は「ブンチモ」となる。

先発品の製造販売元はサンドの親会社のノバルティスファーマ。

この通知だけで、結構想像が膨らむ内容でした。

サンドさんの1社だけなので、ブンチモ配合懸濁性点眼液はほぼ独占できること間違いなし!

そして、AGの可能性もあるんですね。AGで発売になると、もう独占間違いなし。

ブンチモ配合懸濁性点眼液「サンド」はAGです!

先日薬局にきていただいたノバルティスファーマさんに確認してみました!その回答は、

「アゾルガ配合懸濁性点眼液のGE、AGで販売することはほぼ決まってるみたいです!ただ、まだ承認のみで、年内に発売するかどうかはわからないみたいです。」

とのことでした!

期待できそうですね〜

ブンチモ配合懸濁性点眼液のGE:薬価

ブンチモ配合懸濁性点眼液の薬価:未定:○○円/ml

先発のアゾルガ配合懸濁性点眼液がコチラ。

  • アゾルガ配合懸濁性点眼液:387.5円/mL

1本5mlなので、アゾルガ配合懸濁性点眼液は1937.5円/本。やはり金額面・医療費面でもGE発売が決まれば大きな影響を与えそうですね。

ブンチモ配合懸濁性点眼液「サンド」:発売日

ブンチモ配合懸濁性点眼液「サンド」の発売日:未定

通例通り6月薬価収載で、その月内には販売となることでしょう。

アゾルガ配合懸濁性点眼液のGE、ブンチモ配合懸濁性点眼液。大本命は、2021年6月11日(金)の発売!!まだ、未定ですが。

今回はこんな感じー

6月発売予定のGEが多数発表されています。

また、随時まとめていきますねーーー

ではではーしぐでしたっ

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました