セレコキシブ〈セレコックス錠〉のAG発売!薬価比較や発売日まとめ

2020調剤報酬改定

薬剤師のしぐです。

ジェネリック医薬品の発売は年に2回。

そんな中、6月に新しく発売になるジェネリック医薬品の中から今回はコチラ。

「セレコックス錠」のオーソライズドジェネリック:AGとなるセレコキシブ錠「ファイザー」について!!

2020.4の調剤報酬改定でも後発医薬品調剤体制加算が残ることがわかり、むしろGE変更率が高い薬局にはより高い加算がもらえることになりました。

そして、この6月は大きな節目となります。

なぜなら、大型の処方量の多い医薬品から多数GE医薬品が発売になるからです。

そんな中から、採用率の高いオーソライズドジェネリック:AGについていくつかピックアップしていきたいと思ってます。

以前まとめた、エゼチミブ〈ゼチーア錠〉のAGについてはコチラ。

他にも、たくさんAGについてまとめてあります。

というわけで、今回はセレコキシブ錠「ファイザー」についてまとめます。

セレコックス錠のAG

先発医薬品のセレコックス錠は、アステラス製薬さんの医薬品。

COX-2に選択性が高く、副作用を起こしにくいためNSAIDsで1番使いやすく、NSAIDsで長期処方をするならセレコックス!といわれるほど一般的なNSAIDsになりました。

自分が薬剤師を始めた頃に発売になった医薬品ですね。

そんなセレコックス錠もGEが発売になります。この新しくGEが発売するというタイミングで、自分の年齢をまじまじと感じますよね。

そして、このセレコックス錠のオーソライズドジェネリック:AGが「ファイザー」さんから発売されます。

それがコチラ。

セレコキシブ錠「ファイザー」製剤写真

コチラですね。

すごく、先発医薬品の「セレコックス錠」に似てますよね〜さすがAG。

逆に、ヒートが似過ぎると調剤過誤のリスクもあるんですよね。よーーーく見ないと、気づけないですからね。

自分はAGに関しては鑑査の時に3度見するように意識しています。

オルメテック・ミカルディス・クレストール・クラビット。どれもAGか先発医薬品かチラ見では見逃してしまいますからね。

てかこのファイザーさんのパンフレット、すごくオシャレですよね。

デザインが、カワイイ。さすが世界でナンバー1の製薬会社にもなると、こういう部分にも手を抜かないんですね。

セレコキシブ錠「ファイザー」の工夫

ここからいくつか、ファイザーさんオリジナル?の工夫をご紹介します。

セレコキシブの伝わるフォント

包装(小函、PTPシート)にユニバーサルデザイン使用の「つたわるフォント」を採用することで、誤認防止と低視力状態に対応できるように可読性を高めています。

セレコキシブのピッチ印刷

PTPシートを分割しても表示がわかるピッチ(位置合わせ)印刷を導入しています。

含量取り違え▲マーク

規格取り違えを防ぐ試みとして、複数規格の製剤は上の規格(高用量)がある場合、記載含量の上に▲を配置し、したの規格(低用量)がある場合、記載含量の下に▼を配置しています。

変動情報を組み込んだGS-1コード

小函のGS-1コードには、変動情報(製造番号・使用期限)を付加しています。

製品情報カード

小函から製造番号、使用期限表示部分を切り離して、製品情報の表示として使用できるように工夫しています。

セレコキシブ錠「ファイザー」販売包装

セレコキシブ錠100mg「ファイザー」

  • 100錠包装:10錠×10
  • 140錠包装:14錠×10
  • 700錠包装:14錠×50

自分的に嬉しい700錠包装。やっぱり処方頻度の高い医薬品は場所も取るんですよね。

なので、こうやって1箱にたくさん入ってるとコンパクトにまとまって助かります。

さらに、調剤のたびに箱を開けたり〜って手間もなくなって業務効率化にもつながる。

ステキです。

セレコキシブ錠200mg「ファイザー」

  • 100錠包装:10錠×10
  • 140錠包装:14錠×10

自分の薬局ではほとんど200mgの処方はないです。

痛みに合わせて自己調節も難しくなるし、100mg2錠でも代用できるし。

薬価については調査中

薬価は、まだ未確定なんですよね。

直前にならないとわからないところが多くて、、、現在調査中です。

商品名100mg200mg
セレコックス錠69円/錠106.3円/錠
セレコキシブ錠「ファイザー」未定/錠未定/錠

決まり次第追記します。

一般的にはこれほど有名な医薬品のGEなので「0.6かけ」かなと。

商品名100mg200mg
セレコックス錠69円/錠106.3円/錠
セレコキシブ錠「ファイザー」41.4円/錠63.8円/錠

こうなる予定です。あくまで、予定

セレコキシブ錠薬価収載!!衝撃の薬価に

ついに発売!!薬価も収載されました。

それが、コチラ

商品名100mg200mg
セレコックス錠69円/錠106.3円/錠
セレコキシブ錠「ファイザー」19.60円/錠30.20円/錠

まさに、破格!!

その理由がこちらです。

後発品薬価は基本的に先発品薬価の0.5掛け(=50%)で算定される。
ただ、内用薬について、組成、剤形区分、規格が同一の後発品の銘柄数が10を超えた場合は0.4掛け(=40%)となる。先発品に新薬創出等加算が適用されている場合は、先発品薬価からこれまでの新薬創出等加算分を差し引いた上で0.5掛け、0.4掛けする。

と、いうわけで、このセレコキシブも先発品のセレコックス錠から新薬創出等加算分を差し引いた上で0.4掛けした薬価となります。

ちなみに、セレコックス後発品は21社43品目が発売されました。

セレコキシブ錠「ファイザー」の発売日

2020.6/19発売

ついに発売しました!

セレコックス錠のAGまとめ

要点はこんな感じですね。

  • AGは「ファイザー」さんのもの
  • 100mg、200mgどちらも14Tのウィークリーヒートもある
  • AGらしくヒートは激似
  • 1錠で切り取ってもヒートにGS-1コード、名称、規格の印字
  • 薬価は衝撃!先発品の28%!!

ホント、このセレコックス錠はしっかりGE変更していかなきゃ。

無視してたら変更率結構下がっちゃいますよ。

以前「セレコキシブの作用機序等」を中心にまとめてあったのがコチラ

コチラ、他に注目のGEであるシムビコートのGE、ブデホル吸入について。

ではでは、しぐでしたーっ

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] […]

  4. […] […]

  5. […] […]

  6. […] […]

  7. […] […]

  8. […] […]

  9. […] […]

  10. […] […]

  11. […] […]

タイトルとURLをコピーしました