インスリンアスパルトBS!ノボラピッドのバイオシミラー「サノフィ」

2020調剤報酬改定

薬剤師のしぐです。

ついにこの時がやってきました。

これまでバイオシミラーの話題の中で、なんとか発売をまぬがれていたインスリンアスパルト〈ノボラピッド注〉に、ついにバイオシミラー:BSの発売が決定的となりました。

これまでにまとめたことのあるバイオシミラーについての内容がコチラ!

そもそもの、バイオシミラーとは。が、コチラ。

インスリン治療では主流になりつつある、バイオシミラー。

今回は「ノボラピッド注のバイオシミラー」である「インスリンアスパルトBS注」についてまとめていきます!

ノボラピッド注のバイオシミラー承認!「サノフィ」

先日このような通知が出ました。

サノフィは、インスリン アスパルトBS注ソロスターNR「サノフィ」インスリン アスパルトBS注カートNR「サノフィ」インスリン アスパルトBS注100単位/mL NR「サノフィ」について、「インスリン療法が適応となる糖尿病」の効能・効果で承認を取得したと発表した。

先発品は超速効型インスリンアナログ注射液ノボラピッドで、今回、初のバイオ後続品(BS)の登場となる。先発品のノボ ノルディスク ファーマの製品で、BSはサノフィの製品となる。

このインスリン アスパルトBS注ソロスターNR「サノフィ」に再審査期間はなし。 

インスリン アスパルトBS注ソロスターNR「サノフィ」は、超速効型インスリンアナログ製剤のノボラピッド注(インスリン アスパルト)を先行バイオ医薬品とするバイオ後続品(バイオシミラー)で、EU、オーストラリア、そしてカナダで2020年に承認を取得している。

日本での承認取得は2021年3月23日となる。

インスリンアスパルトBS注ソロスターNR「サノフィ」

ノボラピッドのバイオシミラーもサノフィさんからの発売となります。

最初にインスリンのバイオシミラーを発売したのは、「ランタス」のバイオシミラーを発売したリリーさんでした。

なぜ、リリーさんではないのだろうか、、、。

ノボラピッド注とフィアスプ注

このようにバイオシミラーの発売が決まってくると、「改良版」の医薬品がノボさんの支えになってくるわけですねー

そもそもの薬価そのものが高いわけではないですが、やはり使用量から考えるとバイオシミラーの方が使用されることになるんでしょう。

実際にランタス注の処方はほぼほぼ見なくなり、ほとんどがインスリングラルギン「リリー」になっている気がします。

さらに、最近ではヒューマログ注も、インスリンリスプロBSになってきてますよね、、、

今回はこんな感じー。

簡単に、インスリンアスパルトBS注「サノフィ」の承認についてまとめてみました。

本体の色が何色になるのか。気になるところですね。

インスリンアスパルトBS注「サノフィ」製剤写真

ついにインスリンアスパルトBS注「サノフィ」の製剤写真も手に入れました!

それがこちら。

おおー。

インスリンリスプロ注「サノフィ」の色がまさかのクリーム色でしたよね、、、。

このノボラピッド皮下注のバイオシミラーであるインスリンアスパルト皮下注BS「サノフィ」について、また詳細がでしだいまとめていきます。

ではでは、しぐでしたっ

コメント

タイトルとURLをコピーしました