次世代通信5Gとは!日本の通信技術の歴史や実際に5G通信で実現しうる事例も紹介します。

Apple

通信システムの根幹から入れ替え、通信速度の向上を行う節目となる仕組みを、その世代でわけてジェネレーション(G)と名付けてます。

少し前までは3Gでしたよね。そして今は4G/LTEです。

次にくるのが5Gです。

2020年春の実用化が確実視されてます。

正直iPhone3Gで実現していた3Gの革新的な通信。
今のYouTubeやTikTokといった動画配信時代を担うことになった4G。

それぞれのジェネレーション(G)で大きな変化を生んできました。

そんなこんなで、目前に迫った5Gについて、まとめますよー。

この5Gでは、通信速度の向上に加えて「同時多接続」や「低遅延」など、いくつかの要素が盛り込まれてます。

具体的に、今のこの4G通信環境からどんなことが可能になるのか、説明していきます。

通信技術の歴史について

1G(第一世代通信システム)

1979年に「自動車内電話サービス」で幕をあけます。

当初は都市圏の自動車内中心に展開されていましたが、1985年についによくテレビでみるあの「ショルダーホン」が登場しました。

1Gの電波で通話可能なアンテナとバッテリーがついていて3kgの重量だったようです。
大きめな赤ちゃんくらいの重さをかついでたと思うと、ゾッとしますよね。

通信速度は「〜2.4kbps」程度。2,400てことね。

2G通信システム

1993年に2G通信がはじまり、メールでのやりとりが可能となりました。

社会的にはポケベルPHSがすごく普及したこの2G通信。

けっこうわれわれ一般市民の生活にも大きな影響をあたえてくれましたよね。

通信速度は「30kbps」弱程度。30,000てことね。

3G通信システム

2001年にスタートしたのがこの3G通信。

これまでとは比にならないくらい桁違いな高速通信を可能にした通信システムで、端末をインターネットに接続することが可能になりました。

この時にはdocomoとJフォン、KDDIがこの通信規格でのサービスを展開していました。

最も有名なのが「iモード」ですね。

自分の携帯電話デビューもこの頃。忘れもしないN503is。初携帯は嬉しかったなー。

まさかiPhoneなんて化け物端末が出てくるとは夢にも思ってなかったよね。全人類がね。

そんなiPhoneやXperiaなど初期のスマホもこの3G通信規格対応だったんですよね。

iPhoneだと自分が最も愛する端末iPhone4Sまでが3G対応となります。
https://shg11710blog.com/-iphone8-使ってます%E3%80%82iphoneへのこだわりについて-/

以前iPhone4S愛を書いたことあるので見てみてね〜

3G通信での通信速度は「数Mbps〜14Mbps」。〜14,000,000てことね。

4G/LTE

2015年前後から開始された4G通信。2020年が始まった今もこの4Gが主流ですね。

厳密には4Gに届かない、通信速度が100Mbpsクラスの「3.9G」と呼ばれる高速データ通信も2012年頃から開始されてはいたみたい。

複数の電波による通信を同時利用することでより高速なデータ通信を実現をする技術を使ってます。

この4Gになると通信速度は、「数百Mbps」となります。少なくとも100,000,000てことね。

そして、来たる5G

2020年末からの開始を予定されてる5G通信。

いろんなSNSがあり、画質の向上により大容量を余儀なくされる動画配信、アプリなどデータ通信を行う機会は明らかに増えています。

さらに、身の回りのいろんなものがインターネットに接続することで可能となるサービスを展開しており、どうしても利用するデータ量が急増しています。

これからのIoT時代には、身の回りのガジェットや、目に見えないセンサー等含めると数兆個を超える機器がインターネットに接続することになると考えられています。

しぐ
しぐ

ちなみに、「IoT」とは「Internet of Things」のこと。
いろんなものをインターネットにつなぐってことだよ。

さらに、自動車の自動運転技術や医療分野での遠隔手術など、0.001秒の遅延も命取りになるような通信技術が必要になる為、次世代の通信規格5Gでは「同時多接続」と「低遅延」が求められているわけですね。

通信速度は「1Gbps〜50Gbps」になります。〜50,000,000,000てこと。

5G通信で実現するであろう未来の生活

自動運転自動車の実用化

映画「アイロボット」でウィルスミスが乗ってたあの車みたいなもの。

信号、車間距離、混雑状況など全て自動で管理し、最適な順路で案内してくれる。

素晴らしい。

建築現場での無人化

全て、監督が遠隔操作で機械に指示を出し、建築するんだって。

なんか、職人さんなイメージが強い棟梁さんなんかも、いなくなるのかな。

遠隔手術

遠隔操作で手術。うーーーむ。

なんだかいろんな問題も起こってきそうな。

8K映像の伝送

画質の向上だけでなく、様々なデータを同時に送信できることにより「アングルをユーザー自身が切り替えて視聴できる」コンテンツなどの登場もあるんだとか。

スポーツ観戦のマルチアングル、VR中継

各種レース等の4Kライブ中継

ロックライブのVR配信

こんな感じですねーーー

5G通信についてのまとめ!

各世代での比較を表にしておきます。

年代19791993200120152020
G1G2G3G4G5G
可能な通信技術電話メールインターネット接続高速動画配信超高速・大容量通信
同時多接続
低遅延
通信速度(bps)2,40030,00014,000,000100,000,00050,000,000,000
通信速度の例自転車原チャ自動車スポーツカー飛行機

いろんなものが、かわっていきそうですよね!

もうSF映画のような時代が近い。

以前書いた「Wi-Fiについてのまとめ」はこちらです〜

ではではーーーしぐでしたっ

Apple
スポンサーリンク
shg11710をフォローする
Apple製品を愛する薬剤師しぐのお勉強ブログ

コメント

  1. […] 次世代通信5Gとは!日本の通信技術の歴史や実際に5G通信で実現しうる事例… […]

  2. […] 次世代通信5Gとは!日本の通信技術の歴史や実際に5G通信で実現しうる事例… […]

タイトルとURLをコピーしました