妊婦さんに葉酸がオススメされる理由!適正な開始時期や摂取量について

その他

こんばんはーーーしぐです。

今回は妊婦さんであれば必ずと言っていいほど耳にする葉酸について!
葉酸についてというか、妊娠時の葉酸摂取についてって感じですね。

そもそも葉酸とは?

「葉酸」とは、水溶性ビタミンであるビタミンB群に含まれる栄養素です。赤血球の生産を助ける働きや、DNAやRNAなどの核酸やたんぱく質の生合成を促進し、細胞の生産や再生を助けることから体の発育にも重要なビタミンと言われています。
不足すると、貧血になったり動脈硬化のリスク因子になったりします。

葉酸を含む食品

名前の通り、葉物の野菜に多く含まれています。
・ほうれん草 ・アスパラガス ・アボガド ・イチゴ ・枝豆 ・モロヘイヤ 等
※葉酸は熱に弱い水溶性ビタミンのため、ゆでると葉酸量が減ってしまいます。

その他にも、鶏・豚・牛レバーなどに含まれます。

妊娠と葉酸

健常人でも大切な葉酸ですが、妊娠の時にはさらに大切になります。お腹の中で、赤ちゃんの背骨の元が作られるのが妊娠4週目から7週目にかけての期間です。葉酸は赤ちゃんの神経の材料になりますが、この時期に葉酸が足りないと背骨の中を通る神経が正常に作られなくなってしまいます。それを「二分脊椎症」と言います。二分脊椎症になると、足が正常に動かなかったり、股の関節が外れやすくなったり、オシッコやウンチが漏れやすくなったりします。その程度は個人差が大きく、自分の力で歩ける人もいれば、一生寝たきりの人もいます。
日本では1年間に700人近くの二分脊椎症の赤ちゃんが生まれています。そのうちの380人の赤ちゃんは葉酸を適切にとっていれば健常児として生まれてきた可能性があると言われています。赤ちゃん1500人に対して、二分脊椎症の赤ちゃんが1人います。しかし妊娠する女性の全員が適切に葉酸をとると、赤ちゃん5000人に対して二分脊椎症はの赤ちゃんは1人にまで減らすことができます。

妊婦さんの適切な摂葉酸取量・摂取期間

「妊娠時における適切な葉酸のとり方」について、厚生労働省からの指針も出ています。

妊娠の1ヶ月前から妊娠3ヶ月まで、食事に加えて、サプリメントから1日400μgの葉酸をとる。

「妊娠の1ヶ月前から」というのが、妊娠してからじゃないとわからないので難しいとは思うのですが、妊娠する可能性のある期間は普段から葉酸サプリメントをとっておくことが大切ということです。また、妊娠4ヶ月から授乳期においても貧血の予防のために葉酸を摂取することは大切なことです。

サプリメントとして購入する際も、1ヶ月分を1000円弱くらいで手に入れることができるため、妊娠する可能性がある期間は継続することが勧められています。

実際の報告では、妊婦さんの60%は葉酸サプリメントを摂っていると言われていますが、妊娠1ヶ月前から葉酸サプリメントを摂っていた妊婦さんは10%程度と考えられています。

こんな感じです〜
妊婦さんには葉酸!って考えは結構あると思いますが、何のために、どれくらいの量を、どのくらいの期間で〜ってしっかり考えて摂取してる人は少ないのかなーと思ってまとめてみました。何かのお役に立てたら嬉しいです〜〜

ではではーーーしぐでしたっ

コメント

タイトルとURLをコピーしました